会社の業務をIT化、一番の主役は誰だ!?

会社の業務をIT化、一番の主役は誰だ!?

業務のシステム化、キーマンは誰か

ビジネス誌を見てみれば、IT化で成功した事例が数多く載っています。ITによる新規システム導入によって大なり小なり、様々な企業の成功例の記事を見るにつれてうちの会社でも導入したい、もしくは新しくしたいと思ってしまうものです。でも、それって誰がやるのでしょう。今度から経理はパソコンで、という話であればパソコン一台と会計用のソフトを買ってくればいいのですが、主力業務を支援するようなシステムを導入したいような場合にはシステム開発を請け負う業者に相談することになります。では、社内へのシステム導入は開発業者の主導で進めるべきなのでしょうか?


最大の主役は現場の社内の関係者全て

システム開発業者はあくまで、こちらの話から欲しいと思っているはずと思われるシステムを提案して作ってくれるにすぎません。何があれば業務の効率化が進むかというのは、実際のところ現場で働いている社員しか分からないことだからです。ですから、どんな内容だろうと業務のIT化にはプロジェクトを推進する部署とその責任者を含めて、関連する部署全ての社員が主役並に感心を持ってどういったシステムが必要かを開発業者との打ち合わせることが必要です。開発業者にお金を払えば後は全部おまかせで、とはいきません。


主役に上がりたがる人は少ない

では、協力を仰げば皆手伝ってくれるかというと、そうではないケースが多いでしょう。打ち合わせが増える分、日々の業務外のやっかい毎と煙たがられる傾向にあります。この原因は、システム化の目的がよく分かっていない、もしくは今のやり方を変えるのが怖いというのがありますので、責任者は最初にそれを説明する必要があるでしょう。現場の協力が無く作られたシステムが、結局は使いづらく社員に不満をもたらしたり結果放置されてしまったといったことを避けるためにも、皆が主役というスタンスを上手く浸透させることが成功への秘訣です。



notesのマイグレーションとはパソコンにあるデータ等を、異なるパソコンやデバイスに移動させる作業のことを指します。