倉庫ではどんな商品が管理されているのだろう

倉庫ではどんな商品が管理されているのだろう

在庫管理を行うことが仕事

皆さんは倉庫というものにどんなイメージをお持ちでしょうか。倉庫と言っても様々で、要らなくなった物を管理するトランクルームみたいな倉庫もありますし、売れる商品の在庫を大量に保管している活気がある倉庫もあるでしょう。機械を使って管理している近代的な巨大倉庫もありますが、倉庫の役割とは在庫をロケーション管理して、商品をいつでも出荷出来るようにしておくことです。倉庫では部品や商品の在庫管理が行われており、広い倉庫、小さい倉庫、あらゆる倉庫において、整理整頓されていることが大前提なのです。


ロケーションをつけて在庫管理を行う

置き方を考えないと、多くの商品を保管することは出来ません。何がどこにあるのか把握出来ないと出庫や出荷に遅れが出て商品を期日までに納品出来なくなります。皆さんの家庭でも同じことが言えます。洋服が整理されていなければ、着たい洋服がなかなか見つからず、予定の時刻に遅れてしまうでしょう。商品を保管する上では、収納上手な管理方法を見つけることが大事なのです。それをロケーション管理といい、固定ロケーション、フリーロケーションなどを使い分けることで在庫を管理しているのです。


最新型の倉庫システムとは

ネットワークに繋げばどんな情報も手に入れることが出来る時代、一家に一台パソコンがあり、誰もがタブレットやスマートフォンなどのメディアを所有しています。コンピュータ社会とも言える現代では、機械で管理する自動倉庫が主流になりつつあります。自動ラックシステムを導入している倉庫では、入出庫時にボタンひとつで在庫の呼び出しを自動で行い、目の前に到着したパレットからピッキングを行います。従来、人が歩き回ることで出庫していた作業が省かれ、機械が探している間の待ち時間に別作業が出来るようになっているのです。



物流の仕事を探すポイントは仕事内容や求められる条件を確認し、運転と荷物の積み下ろしができるように考えて決めることです。