派遣で秘書の仕事を行う際に知っておきたいポイント3選

派遣で秘書の仕事を行う際に知っておきたいポイント3選

経験者が優遇され未経験は採用されづらい

全部の会社がそういうわけではありませんが、どちらかというと経験者が優遇されやすいです。どうしても秘書業務は慣れていないとスムーズに仕事ができません。また、実際の業務は正社員の場合とほとんど同じようなことを任されるので、派遣だからといって、能力や成果などが劣って良いわけではないのです。したがって、派遣といえども秘書をやる場合にはこれまでの経験がアピールできないと会社と契約してもらえない可能性もあります。


時給は結構高い場合が多い

派遣として秘書業務を行う場合、時給換算すると高いです。1500円以上は期待できる場合が多いです。中には2000円くらいまで貰えるケースもあり、ケースバイケースで変わってきますが、派遣の方が正社員よりも時給換算した場合の収入は多くなりやすいこともあり、秘書の場合はまさにそのケースでしょう。派遣なので不安定というのはありますが、働いている間はそれなりの収入が確保できるため、1つオススメな点にはなると思いますね。


秘書として有能と認められれば契約延長もある

派遣で秘書をやる場合には、当然ながら期限が決められての雇用になります。普通ならば、期限が到来すればそこで契約は終了となりますが、中には契約を延長して貰うこともできます。秘書は、理想としては1人に長くやってもらった方が良いのです。秘書がころころ変わると、雇う側としてもマイナス面はありますから。だから、一定水準以上の技能があると認められたり、十分な成果を残してきた場合には、引き続き契約延長をしてもらえることもあり、働き振りが評価されやすい仕事とも言えます。



秘書の派遣でスキルを生かして働きたい場合には派遣のサービスを行っている会社に登録をすることが必要になっています。